相手に気を遣わせない、感謝の気持ちを込めたお返しのギフトの選び方

終電を逃して家に泊めてもらった時、仕事を肩代わりしてもらった時など、普段の生活の中で、誰かに感謝の気持ちを込めて、ちょっとしたお返しのギフトを贈りたいというタイミングはたくさんあります。しかし、ギフトの内容には悩みがち。誕生日や結婚、出産のようなお祝いのギフトなら、相場が決まっているので比較的ギフトを選びやすいです。それに、とびきり豪華なギフトを贈っても、不相応に感じませんよね。

ところが、普段のちょっとしたお返しでは、あまりに高額なギフトや豪華なギフトだと、かえって相手に気を遣わせてしまう可能性があります。このため、どんなギフトを贈ろうかと悩んでしまう方が多いようです。

ここでは、そんなちょっとした感謝の気持ちを込めて贈るギフトの選び方をご紹介します。

ちょっとしたお返しには、形に残らないギフトを

普段の生活の中で、感謝の気持ちを込めてギフトを贈るなら、形に残らないものをおすすめします。形に残るものは、どうしても特別な時のギフトというイメージがあります。目に入るたびに、贈られた時のことを思い出すので、思い出として残したい場合はともかく、ちょっとしたお返しのギフトには向きません。

定番ですが、食べ物や飲み物などがベストです。食べ物や飲み物なら、長く贈った相手の元に残らないので、気軽に渡せますし、相手も受け取りやすいです。

ただし、サイズの大きなものはおすすめできません。実際の値段はどうあれ、もらう人は「もらいすぎ」と感じてしまう可能性が高いです。例えば焼き菓子を贈る場合は、5個入りや10個入りなど、比較的箱のサイズが小さい商品を選びます。

パッケージはほんの少し華やかなものがおすすめ

気を遣わせないようにとはいえ、コンビニのお菓子をそのまま渡すだけでは、感謝の気持ちを込めたギフトとはずれてしまいます。豪華すぎるのもいけませんが、ある程度華やかでギフトっぽさのあるデザインのパッケージなら、喜んでもらえます。

避けたほうが良いデザインとしては、金色や銀色がふんだんに使われたパッケージ。金色や銀色は高級感があるので、高価そうなイメージを持たせてしまいます。ただし、少し散りばめられているくらいなら、ほど良くオシャレなので問題ありません。

ボリューム感のあるリボンを何本も使ったようなパッケージのギフトも、避けた方が良いでしょう。シンプルなデザインだったり、1本だけのリボンだったりというギフトなら大丈夫です。

ちょっとしたお返しで大事なのは、気持ちが伝わることと、相手に気を遣わせないこと。この2点に注意して、ギフトを選んでくださいね。

和茶倶楽部の日本茶のギフトは、シンプルながらも上品で華やかなパッケージが使われているので、ちょっとしたお返しにぴったり。日本茶なので、年齢や性別、関係性を問わず、誰にでも贈りやすいのもいいですね。

和茶倶楽部の日本茶のギフトには、「ありがとう」の気持ちが伝わる、ちょっと変わったティーバッグのギフトがあります。感謝の気持ちを伝えたい時にいかがでしょうか。

和茶倶楽部ホームページ 定番日本茶ギフトのページURL
https://www.wachaclub.com/fs/wacha/c/teiban_gift

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL